クレジットカード情報は教えない

- クレジットカード情報は教えない

クレジットカード現金化を利用する際に必要な個人情報は?信用できる現金化業者を選ぼう!

クレジットカード情報は教えない

クレジットカードを紛失してはいけないということは分かりますが、それだけでは無くクレジットカードの情報を他人に知られてはいけません。

ネット通販などを行う時には、クレジットカードにある情報を入力して決済をしますが、その情報が盗まれたら他人がなりすまして利用できますので、十分に注意をする必要があります。

セキュリティコードは絶対に教えない

クレジットカードが仮に盗まれた時に、カード番号だけであればまだ他人に悪用される可能性が低いですが、カード番号に加えてセキュリティコードが盗まれると他人に悪用される可能性があります。セキュリティコードは裏面の署名欄の右横にある3ケタの数字のことで、カード会社から割り当てられています。カードの裏面にセキュリティコードがありますので、その情報は盗まれてはいけません。

ネット通販でクレジットカードを使おうとするときには、カード番号に加えてセキュリティコードを入力する機会があります。その時にセキュリティコードを入力してもらうことで第3者のなりすましによる利用を防ぐことが可能です。しかし、セキュリティコードを第3者に知られてしまうと、第3者のなりすましによる利用を許してしまいます。

暗証番号も絶対に教えない

クレジットカードを利用する時に4ケタの暗証番号を設定したのではないでしょうか。暗証番号を使う機会はなかなかありませんので、忘れてしまうことがあるかもしれませんが、現金化業者から暗証番号を教えてくれというような依頼があったとしても絶対に教えないようにしてください。

カードの裏面のコピーは渡さない

カードの裏面のコピーは渡さない
現金化業者からもしかするとクレジットカードの両面コピーを求められることがあるかもしれませんが、裏面を渡すのは絶対に止めておきましょう。裏面にはセキュリティコードがあり、それは絶対に他人に知れてはいけない情報です。セキュリティコードにしても暗証番号にしてもクレジットカード現金化をする時に必要な情報ではありませんから、現金化業者に教える必要はありません。

本人確認をする時に免許証のコピーが求められますが、それと同じような要領でクレジットカードの両面コピーに応じてはいけないです。もしクレジットカードの両面コピーを求められたのであれば、その現金化業者は使わないほうが賢明です。両面コピーを求める現金化業者はほぼ悪徳業者だと認識して構いませんので、その業者は絶対に利用をしないようにしてください。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2020 クレジットカード現金化を利用する際に必要な個人情報は?信用できる現金化業者を選ぼう! All Rights Reserved.