クレジットカードは盗難保険がついている

- クレジットカードは盗難保険がついている

クレジットカード現金化を利用する際に必要な個人情報は?信用できる現金化業者を選ぼう!

クレジットカードは盗難保険がついている

もし自分名義のクレジットカードが悪用された時に、その被害分を誰が支払うのかが気になるところです。自分が払わなければいけないとなるとそれは大変だなと思うはずです。

しかし、クレジットカードには盗難保険が自動的に付帯されていますので、申請をすればカード会社が支払ってくれて、自分が支払うことはありません。クレジットカードで付帯されている盗難保険とはどういうものなのでしょうか。

どのカードにも盗難保険がついている

クレジットカードの盗難保険は紛失保険とも言うことがありますが、どちらにしてもクレジットカードを第三者に不正利用された場合に、被害額を補償してくれるものです。クレジットカードのオプション扱いではなく、自動的に付帯されていますので、盗難保険を申し込む必要はありません。

盗難保険を付帯するのであれば、月額で保険金を払わなければいけないと思うかもしれませんが、保険金を払う必要はないです。いざとなった時のことを考えて、盗難保険がどういう保険なのかを知っておいたほうがいいでしょう。盗難保険の補償額は利用限度額に相当する範囲までです。利用限度額を超えた範囲は利用することができませんので、納得がいくのではないでしょうか。

補償を受けるためには手続きが必要になる

クレジットカード現金化において第三者に不正利用された場合であっても、クレジットカードに付帯している盗難保険を利用すれば補償が受けられます。ただ、具体的な補償を受ける際には、カード会社に対して申請の手続きが必要になります。

・カード会社にすぐさま連絡する

クレジットカードが第三者に不正利用されたことに気付いたのであれば、すぐさまカード会社に連絡をするようにしてください。カード会社には24時間365日対応しているコールセンターがありますので、そちらに連絡をしてください。カード会社に連絡をしたらすぐにカードの利用をストップしてくれます。

・警察に行って紛失届を提出する

カード会社に連絡したならば、すぐに警察に対して紛失届を提出します。紛失届を出す場合に、書類に書いてもらうことになりますので、紛失した状況を把握しておくことです。警察に届け出たら、届出番号が発行されますので、それをカード会社に伝えます。

・再度カード会社に連絡する

警察に行った後に、再度カード会社に連絡を行い、カード会社に届出番号を伝えることで、警察に届けたという事実が伝わります。これで盗難保険の手続きは完了し、再びクレジットカードを発行することになりますので、その手続きを済ませる必要があります。

関連記事:

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2020 クレジットカード現金化を利用する際に必要な個人情報は?信用できる現金化業者を選ぼう! All Rights Reserved.