個人情報が流失した時に起こる被害

- 個人情報が流失した時に起こる被害

クレジットカード現金化を利用する際に必要な個人情報は?信用できる現金化業者を選ぼう!

個人情報が流失した時に起こる被害

悪徳な現金化業者のところに間違えて利用してしまったという場合には、個人情報が漏洩するということが十分に考えられます。普通の現金化業者であればそんなに起こり得ないことですが、悪徳業者を利用すると個人情報の漏洩の可能性が出てきます。個人情報が漏洩した時にどういう被害が起こるのでしょうか。

闇金から電話がかかってくる

クレジットカード現金化にも悪徳業者はいますので、そういう業者を利用してしまうと、闇金から電話などで勧誘が行われることがあります。悪徳業者と闇金は大抵の場合繋がっていることが多いですので、聞いたことが無い闇金から連絡が来ることがあります。闇金は最初甘い言葉で誘ってきますが、無茶苦茶な金利で返済しなければいけなくなりますので、絶対に利用をしないようにしてください。

闇金は貸金業法に従わないですので、高金利を提示してきます。高金利を提示されたとしても返済をすることができないでしょうから、絶対に断ったほうがいいです。もしかすると脅される可能性があるかもしれませんが、契約してしまうと自分がつらい目に遭うだけです。相手がどうしてもしつこい時は着信拒否をしたり、消費生活センターや警察に相談したりするといいでしょう。

迷惑メールが増加する

個人情報が流失してしまうと、現金化業者からメールなどでダイレクトメールが増える可能性があります。アクセスした現金化業者だけでなく、そことグルになっている業者からたくさんダイレクトメールが来る可能性がありますから、十分に注意をする必要があるでしょう。

悪徳業者からどんどんメールが来たのであれば、次々に迷惑メール設定をすればいいですが、またすぐに別のアドレスで送信する可能性がありますから、結局のところイタチごっこになってしまいます。和曰くメール設定が面倒くさいのであれば、無料のフリーメールなどを活用するなどしてアドレスの変更を検討してください。

不正請求の可能性がある

クレジットカード情報が流失してしまうと、心当たりがない不正請求が行われることがあります。クレジットカードが盗まれていないとしても、クレジットカード番号やセキュリティコードが盗まれたら他人が使用出来てしまいますので、クレジットカード情報を他人に教えないようにしてください。

もし心当たりがない請求が来た場合には、すぐさまカード会社に連絡して、利用停止をするようにお願いするべきです。他人による不正利用の場合には、盗難保険の対象になりますので、カード会社の指示に従うようにしてください。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2020 クレジットカード現金化を利用する際に必要な個人情報は?信用できる現金化業者を選ぼう! All Rights Reserved.